AI技術を中心とした最先端の技術を活用し、
北海道の大学、学生、企業とが
主体的に地域課題に取り組むことで、
新たなビジネスを創造することを目的に設立した任意団体です。

北海道大学大学院情報科学研究院 調和系工学研究室(川村研究室:川村秀憲 教授)と学生、地元札幌のAI・IT事業を展開する企業との新産学連携のエコシステムを創造することを目指し、設立しました。

ORGANIZATION

川村研究所とAIIS

AI技術の新産学連携研究の”場”としての名称をAIIS(AI InnovationBASE from Sapporo)と表現し、
実際のビジネスの創出・開発の際の名称を「川村研究所」と表現します。
OUR BUSSINESS

活動内容

川村研究所は、自治体とも積極的に連携し、全国へ展開可能なスキームを確立し、
札幌市隣接地域、北海道全域及び全国が抱える同様の地域課題に向き合っていきます。

AIに関する共同研究 & 産学連携

世界最先端のAI研究を、北大をはじめ北海道内の大学、研究機関と地元企業との共同ですすめます。
基礎研究での成果を企業活動に繋げ、社会的価値の創造に貢献します。

新たな価値の創造

AI Solution Development
技術と経営・事業戦略の橋渡しを行える人材を発掘し、ビジネスの創造につなげます。
AI 、特に機械学習・深層学習を軸に、ビジネスへの応用と実践的なAI開発の人材を育成し、AI に限らず、アナログからデジタルへの事業再構築、企業変革への理解と応用力を備えたサービスを創造します。

事業化・社会実装

業界・業種を問わず様々な企業や地域の課題に対し、AIの研究力を基盤に実効性検証(PoC)から実事業の開始・運用まで伴走し、支援し、共創します。
AIという最先端の技術を長期的な観点で地域の社会課題を解決するシステムとして実装します。
また、企業のDX化を推進することで、サービス改革、事業変革に導きます。

APPROVAL

川村研究所 賛同・参画

北海道大学と学生、地元札幌のAI事業を展開する企業との
産学連携とAI Innovationを創出する任意団体です。

川村研究所は、地域の課題を解決し、企業と社会の持続的発展に貢献することを目的に設立しました。
川村研究所には、IT/AI 、経営学、マーケティング、会計学、ファイナンス、法学などの分野の専門家が集まり、
地域や企業の課題解決に必要な研究やコンサルティングを行っています。
川村研究所に賛同いただけましたら、参画いただき、共に活動していきましょう。

・最新のAI情報や技術にアクセス
・参加企業と連携してビジネスを拡大
・川村研究室の研究成果を活用して、参加企業の競争力を高める
・地域の課題を解決するための研究や開発を共同で行う

INSTITUTE

研究所概要

設立2023年10月28日
研究所所長川村秀憲(北海道大学大学院情報科学研究院 教授 )
事務局長小坂武史(株式会社InnovationBASE北海道 代表 )
事務局株式会社InnovationBASE北海道

CONTACT

info@kawamura-institute.jp

お気軽にお問合せください。